【】テンプレート

15人に1人


毎日の生活に支障をきたすほど、
心がひどく落ち込み、
憂鬱な気分が晴れない状態が続く病気を「うつ病」とよびます。
WHO(世界保健機関)によると
世界のうつ病患者数は3億人を超えており、
年間80万人のうつ病患者が自殺しているのだそうです。日本では2014年時点で、
医療機関にかかっているうつ病(躁うつ病含む)の総患者数は約112万人。
1996年には約43万人でしたが
2008年には約104万人と100万人を越え、急増しているのがわかります。
2013年に厚生労働省が行った調査によると、
うつ病の障害有病率(一生のうちに一度は病気にかかる人の割合)は7.5%であり
15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があるということがわかりました。もちろん発症してしまった場合は、
精神科医にしっかりと通われることを推奨しますが、
環境を変えたり、考え方や物の見方の癖を見直していくことで
未然に防げることができます。苦しい状況に見舞われ
人生を何のために[目的や使命]生きているのか?
がわからなくなるというのはとてもつらいことであり
心を強くネガティブにしてしまうものだと感じました。

そこで今回は少々ボリュームがありますが、
掘り下げたテーマで行こうと思います。

【すべて繋がる】人生に無駄な事は起きない!あなたの使命とは?
という内容でお話致します。

ブレない人生になる

動じなくなる

人生の主導権を握れる

人生に無駄が無いことに気づく

自分の場合
目の前に起きている出来事や状況に
呑み込まれて一喜一憂している状態と
目の前に起きている出来事や状況を
俯瞰しながら楽しめる状況の違いが生まれてきました。

輝く使命を自ら決めてきている

私たちはあらかじめ、ある程度のストーリーやミッション(使命)を決めてこの世に降りてきている。
という感覚が腑に落ちた時、人生の見え方がまるでゲームのように感じます。
そしてそのゲームは人それぞれ違う使命を決めてこの世でプレイしています。

例えば
人を助ける使命
音楽を奏で人を癒す使命、
悪役になる使命(誰かに気づきを与える)
自分が亡くなることで(誰かに気づきを与える使命)
など人によって様々です。

そして私たちは何度も生まれ変わりながら魂を磨き、
ゲームを楽しんでいることがわかりました。

●設定
●ゲーム

使命を見失う生き方

しかし生まれ落ちた時に記憶を無くします。(潜在意識には残っていますが)
多くの人が、自分で決めた使命に気づかずに大人へと成長してしまいます。
●設定

目的や使命を忘れている状態でよくある生き方は
他にもたくさんありますが

自分の経験を一つ例に出します。

他人が道を決める

【誰かのゲームをプレイする】
幼少期、
片親で育ち、再婚した後も両親が共働きで
自分自身が寂しい想いをしました。

親から認められたい、褒められたい。
と無意識に行動してしまう日々を過ごし
親の目を気にして過ごしていました。
関心を引くには?
どうやったら喜ぶ?
とその人にこっちを向いてもらうゲームをしています。

その関心を引きたい誰かの一声で
自分の判断が決まります。
そこには自分の意志が無く、
自分らしさを発揮できないため
自分に自信が持てない
悪循環の日々になってしまっていました。

ただこれは親責めたり、悪いと思っているわけでもなく
そういう伝統の中に自ら選んで生まれてきたのです。
自分はその環境が一番使命に気づく環境だったのだと
後になって気づきました。

とは言えど、この生き方の中では
なかなかこれらのことに向き合うことに気づくことができません。

自分が何のために生まれてきたのか?
自分の心の底から何がしたいのか?
自分にはどんな使命があるのか?

あなただけの輝く使命を思い出す

①信じぬく

現状が苦しい時に信じろと言われても
いやいや私の何がわかるんだ。。と思った経験があるので
受け入れがたいメッセージに聞こえるかもしれません。

ですがそれでも信じぬくことをお勧めします。
これは幸せの生き方であり、
使命を思い出すための土台づくりの一つになってくるからです。

【信じぬく】
という事は
目の前の苦しい状況
辛くて投げ出したくなる状況
誰もわかってくれないと思ってしまう状況
うまくいかない日々、失敗の連続などが

幾度となく目の前に起きようと

すべてうまくいき、必ずハッピーエンドに繋がる。

とどこまでブレないかを言います。

これは嫌な出来事が起きない、失敗しない、
という意味ではありません。
そのすべてが必要な学びや経験の一部であり
あなたが耐えれるだけの試練がやってきているだけと捉えます。
●設定

ネガティブな感情に引っ張られる時
[。]の箇所で【信じぬく】という意味を込めると
意識を変えやすくなります。

ネガティブな気持ち〇〇〇~。←[だけど必ずハッピーにつながる]
最悪な出来事●●●~。←[だけど必ず成幸して幸せになる]

チャンネルを変えるという表現方法や
●選択
これは映画でいう、悲しみや怒りのシーンなんだ。
と見方を変える方法もあります。
●俯瞰

自信をつける事は本来行動や挑戦をして小さな成功体験を積み上げて
作るものとされていますが、考え方を整えてから行動していくと
何倍も速いスピードで自分を信じれるようになると思います。

今自分がどんな状況であってもとことん信じぬくことで道が開けます。

②自分軸

【人生の操縦席】

自分の経験で
何か嫌な出来事が起きた時やうまくいかない時など
自分以外の環境や誰かのせいにしたくなる時があります。
無意識的にその瞬間は
誰かのせいにしたほうが自分が責められず
気分が楽になったように感じるからです。

しかしこれは
他人軸が要因で、一見楽になれるようで実は逆でした。
他責にし、自分の人生を生きていないことに
繋がってしまいました。
この軸で生きていると

環境次第で → 自分はこうなんだ
自分がこうなのは → 環境がこうだから

と環境を大きくし、自分を小さくしてしまっていました。

【すべてを自分が決めている】
ここの位置に立つことで
人生を自分で自由にコントロールできるようになります。
これは自分のおかげという傲慢さや
自分を責めるという自己否定の意味ではなく

自分を人生の責任者として生き、
自分次第で人生を変えていける
自分軸を意味します。

環境がどうであれ → 自分はこう
自分こうなれば → 環境を変えていける

人生の操縦を自分で握るイメージです。

実際わかっていても重たく、不安に感じる
イメージがある人もいると思いますが
本当にしっかり考えた場合、
不安が押し寄せるのは
他人軸のほうが怖いと思いました。
なぜなら
他人や環境が自分の
人生の操縦席に座っているからです。

あなたがあなたの人生を操縦してこそ
使命が見えてきます。
●設定 Game 主人公

③点を繋げる

●点1【死を創造する】

「もっと冒険しておけばよかった。」

アメリカで死を目前にした老人の方への
アンケートで90%以上の人が答えた回答です。
後悔しない為にもまずは自分の死から創造します。

自分がこうなりたいと思う
最大のハッピーエンドを
鮮明に創造することです。

死ぬ直前に
・どうなっていたいか
・何を成し遂げたいか
・誰とどんな人といたいか
・自分はどんな表情であるか
・自分の心はどんな心の状態か
・どんな才能を開花させたのか
などを紙に書き出します。

ここでは軽くしか触れませんが
写真や言葉を切り貼りして作る
ビジョンボードを創ることもお勧めします。
●旅

●点2【過去から今まで・ポジティブ】

次に
生まれてから今までの記憶の中で
ポジティブな記憶を書き出します。
・心から嬉しい記憶
・心から楽しかった記憶
・心から幸せを感じた記憶
・情熱に燃えた記憶
・達成感ややりがいに満ち溢れた記憶
など
この点の感覚がとても重要で
ハッピーエンドにつながっていきます。

●点3【過去から今まで・ネガティブ】

※心に余裕があれば
ネガティブな記憶を書き出すことで
なりたくない状況が分かりより鮮明になります。
影の部分を知る事で、
逆のないたい自分を知ることができます。
本来、人間とはネガティブを避けるエネルギーの方が
強いとされているのでとても効果的です。

この点がやらないことリストにつながり
標識のような役割になってくれます。

●点1.2を【繋げる】

点1点2を繋げていきます。
ジグソーパズルのピースを合わせていくように
謎解きをしていきます。

点2の最大級である点1が
ハッピーエンドで繋がることを
信じぬくことです。

点3のワークをされた方は影の部分で
やらないことリストを作ってみてください。

点1が鮮明に描くことができれば
点1までの道のりは行動しながら見えてくると思います。
現時点の自分で思いつかないような
手段だったり、潜在意識が見つけてくれたりしますので
あまり具体的に出そうとするよりは
最終ビジョンをとにかく鮮明にしておくことが
最重要です。

繰り返し繰り返し、
点3で影を作り、
点2を思い出し
点1を創造していくと
上記の図の点4である

自分が生まれる前に決めてきた○○の使命。

に気づき、
今までの環境に生まれた事や
自分の天職に恵まれていることなど
様々な納得がいく日が来ると思います。
●鍵

輝く使命を自ら決めてきている

【課題】

目的や使命を見失う生き方

【結論】
輝く使命を決めてきている

【解決方】
①信じぬく
動じなくなる

②自分軸
人生の主導権を握れる

③点を繋げる
人生に無駄が無いことに気づく

その使命に気づき
そこに向かって
自分軸で行動し
信じぬく。

この人生はとても波に乗っている感覚になり、
道がどんどん開けていきます。
そしてとっても楽しいです。
あなたがあなたらしく、魂が輝き放ちます。
そして
無駄な日々など一つもなかったといえるほど
意味のないことは起きてないことに
気づける日がやってきます。
●鍵

自分で決める練習

とても小さなことでいいので
自分で決める。という事から始めるのをお勧めします。

例えば
今日何食べたいか?
どこに行きたいか?
誰といたいか?
何を見よう?
など
誰か決めたことに乗っかるのではなく、
自分の意志で動いてみることです。
意固地になる必要はないですが

心の想いを伝える
心の想いに従って行動してみる

ことによって自分軸に慣れていくと思います。
その感覚を掴んできたら解決の3ステップを意識してみてください

以上
【すべて繋がる】人生に無駄な事は起きない!あなたの使命とは?
をお送りいたしました。
社会問題が少しずつでも解決に向かい
一人でも多くの人がもっと笑顔になれるよう
これからも更新し続けていきます。
最後までご視聴いただきありがとうございました。